FC2ブログ
プロフィール

堀内 綾

Author:堀内 綾
ツイッター


第44期生476番
関西・東地区

NN:トドちゃんとかドラえもんとか(笑)
所属:西京運輸株式会社・スポルト十三店
スポンサー契約:株式会社スポルト
メーカー契約:HI-SPORTS
FC:WAVE34(うぇーぶさーてぃーふぉー)・スポルト十三店
誕生日:1月18日(山羊座)
血液型:Bによく間違われる…(==)ZZZ
出身地:兵庫県出身、大阪5年間を経て現在は京都府にいます!

一般会社に勤めながらプロボウラーさせていただいております~*^ω^*
これからどうぞよろしくおねがいいたしまする>v<






チャンジマッチ&大会情報☆

コロナの影響で未確定情報が過多のためこちらには掲載いたしません。ブログカテゴリー【予定】で月初めに掲載したものをご参照ください。
※変更になっている場合もあります。

毎日のことと不思議なこと。@鹽竈・松島・山寺の搔い摘み
カテゴリ: 国内の旅

いろーんなことがあって
いろーんなものに出会って
いろーんな時と風景の流れに身を任せて

それがとっても幸せなことなんだといつも感じている。
人の手や気持ちなんかでは統制できない幸せがある。
それはすごく心地よくて楽しくて
いろんな疲れを一瞬にして吹き飛ばしてしまうような力がある。



そんな時を感じる中で
時に不思議なことを経験するときがある。

宮城県の鹽竈神社でお参りをしていると
誰かにふと腰を二回ほど叩かれて振り返ってみたり。

山形県の山寺の帰りには
耳元でだれかか何かをささやいたこえが何を言っていたのかと考え込んでみたり。

そんな帰り道にふとガードレール下からのぞく脚に見とれてみたり。


そんな誰にも、自分自身すら信じがたい、
そして、すこしクスッと笑ってしまうことに出会うときがある。
それは不思議と恐怖に慄くようなものではなくて
自然の一つとして受け入れられるような
やさしさがある。



初めて行った松島は風が強くて肌寒かった。
それでも水面に反射する光が暖かくて
ずーっとそこにいられるような気がした。
足元が不安定なことも
なんてことなくて
例えこの橋が崩れたってなんとてもなるような気がした。


大きな橋をわたった先で
弁財天さんの御顔を拝見することができたけれど
どうしてここに、この向きに、この気候の中で過ごしておられるのかと想い馳せると
ほんのちょっとだけだけど
悲しい気持ちになったりもした。


そうやって
いろんな気持ちがぐるぐるしたけれど
帰路につくときには
少し大人っぽくなった子供が嬉しそうにはしゃぐものを感じられた。



否定も肯定もしないものを見つめることはすごくつらくて大変だけど
それを全部ひっくるめて私なんだと
思い知らされた。
それが美しいことかわからないけれど
結果的に自分の中で消化できるならば
それは素敵なことなんだと思った。


耐えられそうにないことが
少し前から心の中に住み続けれいるけれど
それがどんな形であれ
澄んだものにいつかなればいいと願う。

どんなことがあっても
どんな人と会っても
不器用な私にはこの私しか見せることはできないから
だから特化して
いつだって自然な私でいることを努めることが義務だと思うんだ。


故郷のような居るべき場所と思える九州沖縄と
いつのときだって愛おしすぎる東北宮城。
私が私でいられる場所。
それだけは変わらない事実だから。

20171113142100644.jpg

20171113141645914.jpg

20171113141818237.jpg

20171113142305638.jpg



関連記事
スポンサーサイト



Edit / 2017.11.13 / Comment: 4 / TrackBack: 0 / PageTop↑
Comment
 
 
 
 
 
 
 
 


Pagetop↑
TrackBack
Pagetop↑
いらっしゃいませ(*><*)
あなたは
人目のお客様です♪
更新履歴
04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -